2007年05月31日

カード追加を前にして

本スレが無節操にはしゃいでいるのを眺めつつ,すげえ萎えている。

投入額ゲーは上位"陣"の知能と知見を頭打ちさせるんやなあ…
適切な体系的知識が下位層に浸透しないし,それに今月は休止者が多いし,
そもそも下位層に聞く耳を持たない(雑魚狩りを嫌う)人も少なくなさそうだ。
結果として下から上までただただ濁る。
このゲームに上澄みなど存在しない。

要は,ゲーム自体じゃなくて,プレイヤー環境が劣悪やねん。
これほどに雑魚狩りがつまらないゲームも新しい。

来年から大戦勢になるかなあと思っていたが,
来年と言わず今年中に大戦勢になっておくことも
考えに入れておかないと不味いのかも知れん。


より短い観測(対戦回数)から
より適切なランクを判断するための
優れた方法があればええんやけどね…。

セガ的な手法は
アイテムに頼らざるを得ないくらいには観測数が冗長かなあ。
posted by ねこび at 11:43| Comment(11) | TrackBack(0) | アクエリオルタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!アクエリの掲示板を見ていて
ここに流れてきました。よろしくおねがいします
ねこびさんってOGの方ですよね?すごい憧れるんですけど・・僕も早くOGになってみたいです。
まだ金1ですけど・・新カードいつごろ出るんでしょうね?
Posted by at 2007年06月01日 20:32
こんにちは!アクエリの掲示板を見ていて
ここに流れてきました。よろしくおねがいします
ねこびさんってOGの方ですよね?すごい憧れるんですけど・・僕も早くOGになってみたいです。
まだ金1ですけど・・新カードいつごろ出るんでしょうね?
Posted by こーちゃ at 2007年06月01日 20:37
おや,ようこそ。 (どちらからお越しなのかしらん
こちらこそよろしくお願いします。

カードに関しては,
おれはただの一プレイヤーなのであまり詳しいことは。
尚,某所で「伝聞だけど6/4かも→どうやら違ったごめん」
の流れがあったことは事実です。

勝ち上がるには…
どんな状況なら有利で,
それをどれくらいの時間で維持できて,
その間にどれほどのダメを奪えば良いか,
(及び,状況不利でどう被ダメを抑えるか)
と考えると良いですね。

そのために必要なのが

・主要デッキを仮想敵とした対戦シミュレーション
 (開幕エナジー溜め合戦で負けたりしないか?有利時間を作れるか?など)
・各カードの性能の理解と,それに基づく新ねた探求(及び対新ねた耐性)
・操作精度やブレイク地点に関するノウハウ
あと
・望み薄なデッキを破棄する勇気

お望みなら細かく書いても良いですよん。
「これ(カード/戦術/など)ってどう?」とかも,
若しおありなら。
Posted by ねこび at 2007年06月02日 15:24
こちらこそよろしくお願いします!
2回同じコメントを書き込んでしまってすいませんでした。間違えてしまいまして・・
新カードはどうやら18日で確定っぽいですねもっと
早くしてほしいですね。早くOGになって有名なてらまともさんと戦うのが夢です(本当に夢)まだ
すごい先ですけど・・金2にいけるのかも怪しいです。ねこびさんに相談があるのですが、いいですか?

自分のMBを逃がすのがすごい下手なんです・・
と言うか、他のカードを動かすのに夢中になってしまってMBがいつも放置です。いつまにか自分MBが死んでる状態・・上手い逃げ方を伝授してくれませんか?上の画面と下の画面どっちを見たほうがいいでしょうか?ィアーリスとかから逃げれないです。これから金クラスの方たちと戦うにあたってうまい逃げ方を覚えたいです・・
2体に追いかけられるともうダメです・・

俺が下手なのもあるんですが、よければご指南
お願いします。では失礼します









Posted by こーちゃ at 2007年06月02日 17:20
金5以上が増えてくれると
OGたちも休止を終えて遊べるようになるので
期待してますw


>逃げ
結論から言うと,キャラをうまく配置しましょう。


マウントを取られた状況
(自MBに対して足2以上の敵キャラが2体以上)
から逃げるのは難しいですし,
一度マウントを取られると戦況が非常に不利になります。

とはいえ単に逃げ回っていても,
こちらは走りっぱなし,
走らされてない敵MBはエナジーを溜めっぱなし,
そうしてできるエナジー差が
やはり大きな形勢不利の元になります。

ということで,自MBを追われたら,
MBが走りっぱなしにならないように,
キャラかスキルをぶつけてみることです。
ちょっと時間を稼げれば,他のキャラを応援に呼んだり,
逆に攻めに使ったりといったこともできます。

このため,メタトロンらがいないデッキでは,
自MBが追い込まれてしまうようなMB・キャラ配置を
しないように意識しておきましょう。


十分な時間を稼ぎ,自分がペースを握れそうになったら,
壁キャラによる乱戦を維持する必要がなくなります。
死なせたくないキャラがいれば離脱させるとよいでしょう。


>特定状況の逃げ
・2秒だけ時間をとりたい
唐突にターンしてダッシュとか,
そういう目くらましの手も

・終盤
アタックセンスで無敵を得て逃走とか。
但し,自分が応龍が撃てなくなって負けた,
ということのないように。


>画面の見方
各キャラのスキル軌道や歩き方向がどうなってるかとか,
互いのキャラで遊んでるやつはいないかとか,
そういったことは時々チェックしておくと良いです。

また,ブレイクやオルタといった,
タイミングがエナジーに依存するようなものは,
その瞬間にざっと戦況を確認し直しましょう。
呼ばれるキャラが自分のであれ敵のであれ,
ブレイク地点は戦術と戦況をけっこう左右します。


単調な追いかけっこなら
カード操作をちょっとさぼれたりしますし,

画面を広く見られるようになるまでは
操作が忙し過ぎるキャラ/デッキの使用を
控えてみるというのも良いでしょう。


おれは下画面を多めに見て,
スキルの軌道(向き&ボイス)や
キャラの配置をチェックしてます。

但しもちろん,
エナジーとブレイク/オルタ周り,
いつ発生したのかわからない274弾,
その他確実に避けたいスキル,
及び応龍周りのライフ関連などは上画面を見ます。


>ィアーリス
向かってくるだけのィアーリスは囲んで潰すべきです。
1コスト重いだけのカマエルが
わざわざ死にに来てくれるわけで
そこほど喜ばしいこともない。

ヒットアンドアウェイをするィアーリスには
ドラゴンブレスを始動前に潰すなり発生後に消すなり
といった妨害策を事前に考えておきましょう。
敵ィアのダメージ効率が下がれば,
それだけ有利時間を作りやすくなります。

まあ,ィアーリスは黄黒のアタッカーの中では
凡キャラだと思ってます。
Posted by ねこび at 2007年06月03日 06:44
ご指南ありがとうございます。すごい勉強になります。OGの方はすごいですね♪とりあえず書いてある事を身につけるようにがんばります。このゲームは画面端が危ないですよね。いつも端っこに
追い詰められてやられてしまうんです(涙)

今、PSをあげようと青単脳筋を使ってみたのですが、ボコボコにされてしまいました。どうしてもクラリス・ワークスのどちらかが蒸発してしまうんです。俺はMBを狙うクセがあるので相手MBを追っていると相手の壁キャラにクラリス・ワークスが死んでしまうんです。クラリスとワークスは殴りあいに強いはずなのになんかやられてしまうんですね。俺の立ち回りが下手なんですけど・・

青単脳筋はどう立ち回ればいいでしょうか?よければ教えてください!!
デッキはクラリス・ワークス・ポーラ・クララ・ミナ・デスルーン・ソドムです。青単で勝てる人ってかっこいいですよね。俺もそうなりたいんです。黒使わないと勝てないんです・・自分(泣き)意味不明な質問ですいませんがよければアドバイスお願いします。

いつか俺が金5くらいになったら(2年後くらい)ねこびさんに挑みますね(夢ですが)

では失礼します




Posted by こーちゃ at 2007年06月03日 13:09
今日のエントリのしょっぱさにがっかりされるかも知れません。
申し訳ない!

お,OGは維持しましたんで…。。。。


>クラリス274
実はどちらも,直接的な戦闘だと打たれ弱いです。
恐らくパワーが低いことが原因でしょう。

互いの全てのキャラが均等に散らばっていて
間合いを計り合ってるような状況では,
274弾がよく機能するのですが,

各個撃破の要領で囲まれると
それぞれの脆さが顕著に表れます。

ということで,できることなら
メインアタッカーを据えて使いたいんですが,
色を混ぜようと混ぜまいと,重過ぎるんですよねえ…。


>そのデッキ
各個撃破されてエナジーが回らなくなると思います。

・間を持たせるための低コストを入れたいところ
 クラリス274以外の2体(以上?)を抜いて,
 2コスト要因としてルツィエかイヴを入れるか,
 マーリンを入れて無理矢理働かせるか…

・クラリスルツィエ
 なども馬鹿にできないくらいには強いですよ

・3コストをマギナにすると
 オルタがエナジー的に出ないという問題や,
 殴り合いが不得手という問題が
 改善されることもあります


運用方法は…正直,分かりません><
有利を奪えるタイミングが
「クラリスと274が同時に存在していて
 それらがマークされていない瞬間だけ」
というのが怖すぎます。

ミナやポーラは知識差が発生し得るポイントなので,
場繋ぎとしてはそれに期待するとか,

クラリス274が出てきた後は,
それとなくヒットアンドアウェイ気味に動かす,
とか…

あんまりまとまったことは言えませんw


完成形だけ見るなら,実用レベルといえるのは,
ルツィエクラリス274…ですかねえ。
それぐらい青単は手が完成しづらいです。

クラリス274の開幕同時ブレイク狙い
なんてのもあるようですが,
さすがに体力差4割からの逆転はに夢を見すぎかと。


>昔やったことがあるのは
ルツィエ(イヴ?)・ミナ・マギナ・クラリス・274
だったかしら。
当時ポーラの性能やルツィエクラリスの信頼度などは
調べてなかったので,今やるなら,
その辺のコスト帯で変動するのでしょう。

まあでも,開幕の追いかけっこ(ミナ?)で
敵のターゲッティングが甘いことを期待して,
根性で274までつないで…,
後は敵が274弾の視認を誤ることを期待,する?w


>青単
現行の青は低コストが弱いせいで
(高コストが弱いわけではない)
使い辛いんですよね。
使ってて面白いには面白いんですが。

羽織級の手捌きが可能なら青も活用できるかも知れませんけど,
それくらいの腕があるなら,ガチ対戦としては,
地力と伸び代のある強いデッキを延ばすのが正道ですし。

いや,東海林光を入れて白青にして,
頑張ってスキル合戦に持ち込むという手は有効かな。

まあ,青単ではないですね。


青単を本気で使っているような人は,
ガチ対戦をやりきれてない(含経験不足)か,
または性格が捻くれてるか,
そういう印象を受けます。


新ねたを発掘できそうな予感があって使う分には
とても良いんですが…。

そういう意味では,伸び代がありそうなのは
イザベルとポーラかなあ


>2年後
かかってくるがいい!


そのときアクエリが存命なら!!!!!
Posted by ねこび at 2007年06月04日 02:19
本当に師匠と呼ばせてください!!本当に
細かく丁寧にアドバイスありがとうございます!!OGの方のアドバイスがもらえるのは、すごい心強いですよ!金2になりましたよ♪黒のおかげですが・・正直これから勝てる気がしないですね・・PSの差が出てきそうで・・もう出てますが

青単は本当に難しいですね。どうやって勝ちパターンに持っていくのかが分からんですね。コストを軽めにして、やってみます。あまりにも自分に合わないデッキだったら、挫折します(おぃ)

Posted by こーちゃ at 2007年06月04日 12:33
嬉しいんですが,今のおれはどうやら弱いですよ;;;


元が弱いけど伸び代のあるカード,よりも
素地と伸び代の両立したカードを使い込む方が
強くなれるに違いないです。

ただし,カードの強い弱いにかかわらず,
各カードがどう強くて何に脆いかが見えていなければ,
デッキの運用方法も見当外れになりかねませんし,
変則的なデッキと出会ったときに
足元をすくわれたりもします。

黒を使うときであっても,
世にどんなデッキがありえて,
それに勝つにはどういう技術を伸ばす必要があるのかと
考えながらやると良いですね。
Posted by ねこび at 2007年06月05日 13:24
いえいえ、俺がOGになって、ねこびさんを倒すまで師匠と呼ばせていただきますね♪2年後ですけど・・

どうやら、俺は黒は外せないみたいです。とりあえず黒を極めてみます。黒黄にしてみました。
栞が大半入ってるので、パワーで押すデッキに
してみました。カマエル・ラユぅー出るとすごいですね・・強カード満載の恥ずかしいデッキですが、これでちょっとがんばってみます




Posted by こーちゃ at 2007年06月05日 19:43
黄黒は初手から次(カマエル・ラユュー?)が
出るまでの運び方が肝になりますね。

強さについては自明なので触れないとして,
初手がやや弱く,エナジーがたまり辛い。
使うキャラが軽い訳でもないため,
次の手が遅くなることもあるし,オルタも出し辛い。
そのオルタ自身が安定性に欠ける感もある。

気をつけることはそんなところですかね。

強いカードなんてのは使ってなんぼですよ。
(使い方を知った上で,本当に強いのなら。。。
Posted by ねこび at 2007年06月06日 02:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43432561

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。